お知らせ

院長の独り言 その183  <ノーマジーン:2017年5月号>

挫折とおもてなしと

二人でジム通い始めた。ジム通いに挫折した経験があるので、監視役の娘をつけられ週1回1時間の個人レッスンを受けることになった。

体が恐ろしく固い私にとって、簡単なストレッチだけでも翌日には体のあちこちが筋肉痛になる。インストラクターの指示を簡単にこなす娘の隣で、「あー、うー」とうめき声と弱音を吐きながら頑張っている。

帰宅して私が苦戦したストレッチや運動を妻にもやらせてみるが、いとも簡単にやってのけられる。それでもインストラクターに褒められたくて自宅練習用に大きなバランスボールを購入した。少しずつホントに少しずつ上達し、誉められる度に嬉しくなる。「誉められると伸びるタイプだからもっと誉めて!」と心の中で叫ながら1時間終わると、じゅっくり汗をかき心地いい。

普段リビングに置かれたバランスボールは、来客時や掃除のときに邪魔らしくベッドルームに移動される。確かにかなり邪魔である。掃除のときに邪魔なのは分かるが来客時になぜと妻に問うてみた。妻は簡単にバランスボールの上に乗れそうな気がして試みたものの、転倒しそうになったそうだ。それで家を訪れた人がこれで遊びだすと危険だと思ったらしい。

確かに数年前までフラフープがリビングにあり我が家に訪れる人はむやみに腰を振っていた。確かに安全だった、しかし、いつのまにか見なくなった・・・「妻も挫折してるし」と思ってしまったのは内緒でお願いします。
ここからは院長のおもてなしです。

リビングの窓から無人有料駐車場のゲートの陰に隠れて取り締まりパトカーがよく見える。1日に何人も一旦停止違反で捕まっている。でもあそこの停止位置は問題あるんだよね、停止線はないし、視界から外れる位置に標識があるし、車が止まっているとその影から出てくる歩行者が気になって徐行で進んでしまい停止せずに通過してしまう。友人が何人も取り締まられた、誰も標識に気が付かないで通過していた、構造的な問題なのに取り締まって点数と罰金を徴収している。いい加減にして欲しいので公安委員会に苦情を申し立てようかと思う今日この頃です。来客には「警察が取り締まり中!きちんと一旦停止!安全確認し深呼吸1回して発進するように」と注意を促すことも、我が家の大事なおもてなしです。